もしかしてと思ったらチェックで診断できる適応障害

適応障害について詳しくなる|定期的にチェックしてみよう

病気の度合いを把握する

看護師

日常生活の中で出来るだけストレスから離れる努力をすることが、適応障害克服には重要となります。セルフチェックは欠かさず、症状に合わせて早めに受診をすることで比較的短期間でも完治させることも可能になると言えます。

もっと読む

環境に適応できない病気

カウンセリング

適応障害の特徴は他の病気のように明確な症状がないことです。原因は環境に適応できないことですが、それによってストレスが溜まり、それによって様々な症状が出るのです。不安な人は精神科医に診てもらうのが一番ですが、ためらわれる場合はセルフチェックをすることである程度の判断がつきます。

もっと読む

素早く気づいて素早く治す

笑顔の男性

適応障害とは環境と自分との間のズレが引き起こす病気で、様々な症状があります。症状だけで判断するのは難しく、受診が遅れがちになるので、早めのチェックが必要です。自分で適応障害をチェックするには、症状の程度と原因となったものに着目しましょう。

もっと読む

この障害かどうか心配なら

男性

最近の変化に気づいたら

最近、自分が明らかに以前の自分とは精神的、身体的に違う、何かおかしいと感じることはないでしょうか。もしかしたらそれは適応障害かもしれません。適応障害とは、重大な生活上の変化やストレスに満ちた生活上の出来事などにより引き起こされる、情緒的な面や行動的な面での症状であり、社会的な機能が大変に障害されている状態のことをいうのだそうです。この適応障害の症状としては、情緒的な面でいえば、不安、怒り、抑うつ気分、焦りなどの症状があり、行動的な面では、暴飲暴食、連絡無しでの欠席、けんかをしたり無謀運転をしたりという攻撃的行動などがあります。発汗、めまい、心臓がどきどきする、頭痛、腹痛、倦怠感などの身体的症状がでる場合もあります。注意しなければならないのは、抑うつ症状が、適応障害によるものなのか、うつ病によるものなのかチェックして見極めることです。適応障害は、原因となっているストレス因子がなくなると、その症状は軽減していきます。ところがうつ病は、問題だと思われる因子が消失しても、また別に良い出来事があっても、症状は変わらず、変化することはありません。また、適応障害の抑うつ症状が、そのストレス因子があったすぐ直後にでてくるのに比べ、うつ病の抑うつ症状は、そのストレス因子が数か月ほど持続したのちに発生します。また他にうつ病に特徴的な症状として、早朝に目が覚めたり、症状が朝にひどく、夕方になるにつれて改善していく、というものがあります。このように、適応障害とうつ病の抑うつ症状には違いがありますので、よくチェックして診断することが重要となります。

この症状を改善するには

適応障害になりやすい人とは、周囲からの支援が得られにくい方などが考えられます。適応障害となる原因とされるストレス因子とは、仕事上では職場における人間関係、仕事内容や環境の変化、仕事量や責任の重さなどがあります。また家庭内の問題としては、義理の両親との確執、夫婦問題、経済問題、子供の育児、教育問題などが考えられます。また他にも、病気や恋愛など様々なストレス因子が考えられます。自分でチェックしてみて、適応障害が疑われたら、まずは専門医を受診してみましょう。早期に受診し、適切な対応、治療を受けると、多数の方は回復が見込めます。適応障害の治療としては、できるだけそのストレス因子となっている状況を避けるのではなく、そのストレスに主体的に適応できるようにするために、医学的な支援をしていくことになります。その方法として、本人のストレス耐性を上げたり、周りの人たちによってサポートしていったり、そのストレス因子を軽減したりといった方法があり、具体的な療法としては、認知行動療法や薬物療法などがあります。認知行動療法とは、認知の歪みを正すことによって本人の行動を変化させていく、という療法です。本人のストレス場面において適切に対応できる方法を学習したり、訓練したりします。薬物療法は補助的なものではありますが、不眠の症状がある場合などに睡眠導入薬などを処方したりします。このように適切な対処方法を受けるためにも、早期に気づいてチェックし、周りにサポートを求めたり専門医を受診することが重要だといえるでしょう。